就職活動をする際に必要な自己分析と企業研究

 就職をしたいという目的を持って就職活動をしていても、なかなか就職が決まらないという人は少なくないと思います。今の時代は新人が欲しいと思って求人を出しても応募者が集まらない企業がある一方で、条件が良く魅力的な仕事ができる会社には応募者が殺到し、そのような企業ばかり受けている就職希望者には厳しいと言えます。だからと言って、妥協をすれば会社に不満を感じ、せっかく辛い思いをして就職活動をしても結局短期間で辞めてしまうことになるかもしれません。就職活動で大事なのは、業種や職種をよく知ることと、自己分析です。その仕事は本当に自分がやりたい仕事かを考えるのも大切ですが、自己分析をして自分に適性があるかを知ることも大切です。自分が入りたい会社にとって、自分は求められている人物像であるかを自己分析によって確認する必要があります。

 

 もし違うなら、求められている人材に近付く努力をしたり、自分に合う別の仕事を探すなど、やるべきことは見えてきます。筆記試験があるなら筆記試験対策、面接が苦手なら面接対策をしっかりするべきです。自分がその企業に入社したくて適性もあるのに、例えば面接が苦手で自分を十分にアピールすることができなくて結果的に内定がもらえないのはもったいないことです。自分の研究と企業の研究の両方を行った上で就職活動をすることで、内定に近付けるでしょう。